京王線聖蹟桜ヶ丘徒歩3分の治療院|やまひなの治療院

あなたの5年後・10年後の健康を見据えて治療をしています

こんな症状ありませんか?
○肩こりや腰痛、頭痛などの身体の痛み
○眠れない、寝た気がしない
○食欲がない、もたれる
○疲労感がとれない
○考えがまとまらない

上に挙げたものの内、1つでも当てはまれば他の症状の「種」ができています。

多くの症状は内臓とつながっています。

多くの症状は内臓の疲労が土台にあると考えています。内臓の疲労は筋肉の過緊張としてあらわれます。 例えば、胃の調子が悪くなると、お腹の筋肉や背中の左側に張りがあらわれます。

その状態で、暴飲暴食やストレス、疲労などで、更に胃の調子が悪い状態が続くと、症状の「種」はそこから更に周囲に広がり、首肩こり、頭痛、不眠、腰痛、坐骨神経痛などの「芽」としてあらわれます。

ゆがみの原因の一つは、筋肉の過緊張です

また、最近患者様から、その状態で、暴飲暴食やストレス、疲労などで、更に胃の調子が悪い状態が続くと、 症状の「種」はそこから更に周囲に広がり、首肩こり、頭痛、不眠、腰痛、坐骨神経痛などの「芽」としてあらわれます。

背骨や腰骨は、骨だけで形を作っているわけではありません。骨の周りを筋肉が前後左右から引っ張りバランスをとることで、形を保っています。
例えていうなら、テントのようなもので、骨はただの骨組みであり、まっすぐ立たせるためには前後左右からバランスよく引っ張らなければならないのです。右が強ければ右に曲がり、左が強ければ左に曲がるのです。

筋肉の過緊張が続くことで身体に歪みがおきます

筋肉の過緊張が長く続き、筋肉のバランスが崩れると骨が引っ張られて、背骨のねじれ、歪み、骨盤の高さが変わるなどの体型の変化をおこします。

目で見える歪みはあくまでも結果です。骨が歪むには筋肉が大きな原因を占めています。 内臓の調子を整え、筋肉の過緊張を丁寧に取れば骨の歪みは自然に戻ります。

あなたが健やかに毎日を過ごせるように鍼灸でお手伝いします

当院では患者様本人が訴えている治療を行うとともに内臓の疲労をとり、症状の「種」を少しでもなくしていくことを重視しています。

本人がまだ気がついていない状態の内に症状の「種」をなくし、5年先、10年先も健康でいられるような治療を目指しております。

当院で使用している鍼について

当院で使用している鍼は、病院で使用する注射針と同様に、全てエチレンオキサイドガスによる滅菌済みで使い捨てです。感染症の危険性は全くなく、安心、安全です。

当院の治療を受けた方のお声です。

治療を受けた方のお声を掲載しています。患者様の声のページをご覧下さい。

更新情報・お知らせ

冬休みのご案内 12月30日(日)~1月3日(木)まで夏休みを頂戴いたします。1月4日(金)より通常通り診療致します。

ご予約・お問い合わせ

京王線聖蹟桜ヶ丘駅

西口より徒歩3分

やまひなの治療院

〒206-0003

東京都多摩市東寺方1-8-35-101

電話 042-374-4303

yoyaku@yamahinano.com

診療時間

午前9時~12時

午後15時~19時

休診日

木曜日・日曜日・祝日

完全予約制

当日のご予約も承ります

↑ PAGE TOP